採用情報

会社名 宣伝ジョーズ株式会社
職種 A. 弊社ASPサービス販売のセールス・マーケティング
B. サイト運営補助者、学生インターン
仕事内容 A. 中小企業向けSEOツール「レッツSEO」及び 、mixiアプリの開発のマーケティング・販売促進業務になります。

~日常業務~

・主に法人営業の営業アシスタント

~単発業務~

・プレスリリース制作などのライティング

~より具体的な仕事の内容~

1.最優先ミッションは、「 レッツSEO」の法人営業です。その運用のなかで実際に「レッツSEO」を使い込んで頂きます。実践を通じて技術説明ができるスキルを身に付けて頂きます。

2.営業対象は、HP制作会社やインターネット広告代理店になります。先様の顧客に「レッツSEO」を利用してもらえるように先様のニーズを聞き出し提案を行います。

3.柔軟な思考力とマーケティング精神が必要です。1人前以上の人材に育ってもらいたいので、課題書籍を読んでレポートを提出して頂きます。 OJTでみっちり学習していただきますのでIT業界の経験は不要です。これからWebの業界でひとかどの人物に成れるようにステップアップしてください。
B. HTMLの知識があり、Illustrator(もしくはその他画像ソフトウェア) が使える方、 また、PHP等プログラミングの知識を有する方も歓迎します。
~日常業務~
・サイト更新、画像作成、画像加工など
・SEMサポートソフトの質問メール対応など

~単発業務~
・自社サイトのSEO作業(SEO技術はOJTで覚えられます)

イ ンターン志望の方は、 デザイン系の専攻されていてマーケティングに関心のある学生を歓迎します。現場で求められるのはデザインのスキルだけではありません。コミュニケーション 能力も重要です。インターンシップを通して実践的なコミュニケーション能力を身に付けていきましょう。
※ A,B共に、スキルや希望次第でその他新規プロジェクトに関わっていただくことも可能です。 在宅勤務希望やエントリーレベルの方でも、お気軽にご相談ください。

社訓 社訓』 (平成二一年ベータ版)
雇用形態 1. 社員 2. アルバイト
3. 業務委託・SOHO 4. インターン
ワークスタイルに合わせた雇用形態を相談して決めましょう。
応募資格 20歳~35歳くらいまでで、自分の力を高めていきたい方。
■必須スキル
・エクセル、ワード、メーラー操作くらい
■歓迎するスキル
・PowerPoint
・Illustrator
・Photoshop
・Dreamweaver
・Fireworks
・PHP等のプログラミング知識
勤務時間 実働8時間くらいで相談して決めましょう。
勤務時間の希望がありましたら話し会いましょう。
給与 1.・一般社員 20~25万円
・リーダー職 30万円~
・マネージャー職 40万円~
2. 時給 1000円~2000円 (別途手当て、歩合給の相談のります)
3. 日給 5000円~2万円 (別途手当て、成果報酬の相談のります)
4. インターンは基本的に無給ですがスキルや案件達成に応じて報酬をお支払いします。

【研修・試用期間】
1. 試用期間3ヶ月 (日給を相談して決めましょう)
2.3. 試用期間1ヶ月 (時給1000円)
4. 試用期間2週間

待遇 交通費一部支給 (月2万円まで)、随時昇給
休日・休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、有給休暇(入社半年後に12日間)、夏季・年末年始休暇、慶弔
※学生インターンは学業優先でスケジュール調整しましょう。
連絡先 Phone: 06-7878-3730 (求人の件とお伝えください。)
E-mail: メールでのお申込み

宣伝ジョーズQ&A

男性社員による回答

Q1.宣伝ジョーズってどんな会社ですか?

会社を伸ばすのも停滞させるのも自分次第なんだと思える会社です。

中途採用が目的の求職者が、普通に会社を選ぶ時まず思うことは、給料と仕事内容、会社が通勤圏であるかどうかだと思います。 そしてその中で、優先順位を決め、どの順番でいくのが自分にとって重要であるかを各自判断しているのだと思います。 かくいう私もその中の一人でした。

宣伝ジョーズは、ベンチャー企業のご他聞にもれず給料自体はそんなに高くありません。 けれど、現在も伸びつつあり、将来的には大幅な伸びが期待できると感じています。 また、完全に形が出来上がってしまった会社では得られない、ドキドキ感やワクワク感、達成感があると思います。 会社が成長した暁には、金銭的なものだけでなく、多種多様な人間関係等、色々な意味でも得られるものが多いのでは、というのが私の宣伝ジョーズに対する思いです。 会社を伸ばすのも停滞させるのも一人一人の自分次第、そんな会社だと思います。

いっしょうけんめい働いている人が不満を感じるときというのは、自分に対する会社の評価に納得がいかないときだと思います。 『私はこんなに実力があって会社に貢献しているのに、なんで評価されないのだろう?』 『上司へのゴマすりがうまいやつだけが出世するのか?こんな不平等な年功序列社会はコリゴリだ』 といったような不満です。 宣伝ジョーズでは、自分が作りだした結果はすぐに自分の評価に結びつきます。 そいういう意味で、仕事に対する情熱を発揮しやすい会社だと思います。

Q2.私がこの会社を選んだ理由

この会社だったら自分の営業経験が活かせるのではないかと思ったことです。

40歳を過ぎてからの転身という中で、まずは 『全く自分が知らない分野、しがらみのない分野で、初心にもどって自分の実力を計りたい』 という思いと、 『IT系の仕事がしたい』 という思いがありました。 その上で、面接の時に感じた 『表裏のない実直そうな社長だな』 ということと、『この会社だったら自分の今までの営業経験が活かせるのではないか』 と思ったことが、最終的にこの会社を選んだ理由になりました。

将来性があって、自分を選んでくれて、自分が経験してきたことを活かしながら仕事に取り組める会社。ルート営業的なこと全くなくて、やることを自分で決められる会社。ありそうでなかなかない会社だと思います。

その分責任も重くなりますが、それが適度な緊張感となり、組織の単なる一歯車ではなく自分が原因(きっかけとなること)で結果を作り出しているという充実感が湧いてくる会社です。仕事がうまくいってる時だけでなく、そうでない時でもです。

Q3.前職について

実は私は、ITとはほとんど無縁の業界で長年仕事をしてきました。

前職は服飾雑貨のメーカー業であったため、仕事でパソコンを使うといっても、ワードやエクセルでサンプル企画書を作成し工場へFAX送信したり、エクセルで商品カタログの枠を作成し商品の写真を挿入したりという程度でした。 メールについても、企画に関する参考写真を無料で迅速に送れるとの理由で利用するくらいでした。 これらすべては前職の最後の数年程度の使用経歴です。 今ではほぼ毎日使用しているパワーポイントについても全く使用経験がなく、面接の時など「それは、ワードとエクセルみたいなものですか?」と聞いて、社長を困らせてしまうくらいでした。

「IT」という言葉には漠然と憧れのようなものを抱いていましたが、私の周りにはパソコンやITに関して質問して答えられる人は誰もいませんでした。 私のITに関する知識はすべてが自己流で、 「IT」という言葉が若者の特権であるようにも感じていました。そんなITに関しては全く初心者の私が、宣伝ジョーズから受けたOJT(on the job training = 妥協を許さないトレーニング(笑) )と、他業種での営業経験が活かせたことで、今ではなんとか会社の売上げを作ることも出来るようになりました。 最近では、『仕事を通してお客様のためになることをして喜んでもらうことが趣味』とまで言えるようになったくらいです。

Q4.これが私の仕事

お客様のお役に立つことで、宣伝ジョーズは何ができるかを常に考えています。

① 会社がターゲットにしている顧客層に営業活動をする。
② 訪問の約束が決まったらお客様のサイトをチェックし、お客様の需要や不足している部分を調査し、訪問した際に訴求していくべきポイントを探す。
③ 訴求ポイントが決まったら、それに合わせて資料作成する。
④ お客様を訪問する。
宣伝ジョーズの商品「レッツSEO」の説明をしながら、お客様のさまざまの需要を聞き出す。
一回ですべてを聞き出そうとしないで、何回にも分けて、お客様の都合に合わせて訪問する。
お客様との関係を密にしていくことによって、お客様のお立場を理解し、お客様のお役に立てる。
提案をする。目先の利益に惑わされないで、常にお客様の利益を第一としたスタンスを取る。
⑤ お客様を定期的に訪問し、リスティング広告に関する施策や改善策の打ち合わせを綿密に行う。
⑥ お客様のお役に立つことで宣伝ジョーズは何が出来るかを常に考え、お客様の立場に立って
インターネット全般の提案を行う。

Q5.将来の目標

「IT」業界を質の高い業界に導き、お客様に喜んでもらって、結果として利益を頂くことです。

宣伝ジョーズのライバル企業は沢山ありますし、その中には東証一部に上場している企業もあります。 『先んずるは人を制する』という言葉の通り、インターネット業界においても、新しいビジネスモデルに誰よりも早く参入し、大人数で営業をかければ、売り上げは倍々ゲームのようにどんどん上がり急激に会社自体は大きくなります。 資本主義社会に生きている我々にとっては、雇用に貢献し高額納税をしている大企業は賞賛されるべきことであり、時代の寵児的扱いになっていくのは当然のことだと思います。

ただ、このようにして急速に売上げを伸ばした企業のほとんどが大所帯のために売上至上主義に陥り、仕事自体の質が著しく劣化し、一部では眼に余る状態に なっているようにも感じます。 もちろんすべての企業に当てはまることではありませんが、『あんなに格好いいビルに入っている有名企業に頼んでいるのだから、きっと問題はないはず』との 先入観から妄信してしまう、もしくは、日常業務に忙殺されて気づく暇がない、という現状があると気づきました。 詐欺にあっていると言っても過言ではない、このような質の低い仕事内容が社会的に顕在化した場合、ITそのもののが社会的信用を失って『インターネットな んてビジネスは駄目だ!』といった論理で一括りにされてしまうのではないかという危機感を感じています。

宣伝ジョーズの社訓に、 『我々は、我々を支えてくださる皆様に感謝し、社業を通じて尊敬される企業になることを目指します』という一説があります。お客様に喜んでもらって、その 結果として利益をいただく。その伝道者となって「IT」業界を質の高い業界に導いていく。信頼の宣伝ジョーズブランドを構築し、それと同時に、有名見せ掛 け偽ブランド企業を駆逐していくのが私の当面の目標であります。入社される皆様には、ぜひとも「IT」利便性を最大限に活かして、このプロジェクトの一旦 を担っていただきたいと思っております。

一日の流れ

男性社員(営業職)の一日

9:30 出社
⇒通勤時間は、Door to door で1時間15分位です。
掃除のあとメールチェックをし、取引先へ電話がけをします。
10:00 朝礼
社訓の唱和を全員で行い、今日やることを一人ひとり簡潔に報告します。
10:20 資料作成、新規電話がけ
⇒チェックしたメールの内容によって、メールで返信したり電話で対応したりします。その合間をぬって、新規開拓のための営業電話をかけます。

御用聞きの電話ではないので、事前にお客様のサイト等を十分にチェックして
お客様の需要に合った提案が出来るように準備するよう心がけています。

12:30 昼食へ
⇒近場にランチをやっている店が多いので、結構楽しめます。
13:30 取引先訪問
⇒リスティング広告の月次レポートはもちろん、その他、お客様が必要とする
さまざまな提案資料を準備して営業に臨みます。
18:00 社長への報告および相談
⇒本日の営業内容を社長に口頭で報告します。
また、お客様からのご要望や、自分の仕事の内容でクリアにしなければならないことを
社長に相談します。
20:00 退社
⇒業務日報(ブログ)を書いてから退社します。

女性社員(顧客担当)の一日

9:50 出社
⇒通勤時間は、Door to door で30分です。
メールチェックをしながら、前日に自分で作成したToDoリストの確認をします。
観葉植物の水やりもわすれません。
10:00 朝礼
社訓の唱和を全員で行い、今日やることを一人ひとり簡潔に報告します。
10:20 リスティング広告の運用管理
⇒お客様から運用をまかされているリスティング広告をチェックします。
予算内でパフォーマンスをあげていくための調整をおこないます。
どんな調整をいつ行ったかはきちんとメモしておき、月末のレポートに反映させます。
12:00 昼食へ
⇒お弁当を買うことが多いです。近所に行列ができるお弁当屋があるんです。

売り切れてしまう前に買いに行きたいところですが、午前中の仕事にキリがつかないときは
別のお弁当屋に買いに行きます。こちらは13時を過ぎると安くなるんです!

13:00 ユーザー様にメール
SEOツール「レッツSEO」のユーザー様とメールでコンタクトをとります。
直接お会いできない方が大半ですので、メールは一言ひとこと大切にしたためます。
順位UPをお知らせしたり、作業のアドバイスを差し上げたりしています。
16:00 請求書を作成
⇒お客様へお送りする請求書を作成したりもします。
他の社員の方が動きやすいようにその他いろんな雑務を引き受けます。
19:00 退社
⇒業務日報(ブログ)を書いてから退社します。